簡単!最新!腰痛対策ランキング!

辛い腰痛に効果的な簡単・最新の腰痛対策グッズをランキング形式で紹介します。コルセットからサプリメントまで多種多様な腰痛対策グッズです。

いずれもネットで簡単に購入することができる最新の腰痛対策グッズ。あなたにあった腰痛対策グッズを見つけて下さい。

腰痛にはいろいろな原因と対策方法がありますのでまずは病院にいって、腰痛の原因を明確にしてから、腰痛対策グッズを購入されることをお勧めします。一般的には姿勢を良くする事が腰痛対策の基本です。長時間悪い姿勢になる可能性が高い、椅子に座っている時の姿勢を正しくする事が重要で、そのための腰痛対策グッズがたくさん販売されています。また痛みを緩和する腰痛対策グッヅとしてコルセットや腰を温めるグッズも人気があります。

1位

椅子用馬具マット

現代人は椅子に座る時間が長くなっています。会社やレストランはもちろん家庭でも椅子に座っている時間が長いでしょう。椅子に座っているとどうしても背もたれに寄りかかる姿勢になりますが、これが腰痛の原因になっています。

実は腰痛対策として椅子に座っているときのベストな姿勢は乗馬の姿勢なんです。自然と背筋が伸びているでしょ?

この「椅子用馬具マット」は椅子に座っている時の腰痛対策マットです。これを椅子に置いて座ると、自然に乗馬の姿勢になるんです。置いて座るだけのとても簡単な腰痛対策。 コンパクトで軽いので持ち運びもラクラク。簡単・最新の腰痛対策製品です。

2位

腰痛コルセット「バイオメカコルセット」

腰痛対策のスタンダードグッズはコルセットでしょう。コルセットにより動作制限することは腰痛対策にとても有効。でも動きにくく苦しいものです。また長い間、腰痛対策コルセットを使用していると筋力が弱くなり逆効果の場合もあります。

「バイオメカコルセット」はそんな腰痛対策コルセットのデメリットを改善した最新コルセットです。腰を安定させながらもスムーズな動きができるように工夫されています。締め付け感が大幅に軽減されているので、腰痛対策コルセットを付けていても、簡単に動き回ることができますし、食事も楽しめます。

最新のバイオメカニクス(生体力学)に基づいて開発された、腰痛対策コルセットが「バイオメカコルセット」です。

3位

NAG

腰痛の一因は椎間板や椎間関節のうるおい成分減少によって背筋や腹筋に大きな負担が発生していることです。

だから腰痛対策の最新対処方は、うるおい成分を回復し弾力性や潤滑性を回復することなんです。この腰痛対策サプリメント「NAG」は天然型N-アセチルグルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチンのうるおい保持成分で椎間板や椎間関節のうるおいを補います。

飲むだけの簡単・最新の腰痛対策サプリメント、忙しいあなたに最適な腰痛対策です。

4位

姿整快適クッション

腰痛は現在人の生活病、特に座っている姿勢のまずさが腰痛を引き起こしていると言われています。腰痛対策には背筋をピーンと伸ばす姿勢が良いのですが、これはかなり意識していないと出来ない姿勢です。

そんな腰に負担の少ない姿勢を簡単にとれるのが「姿勢快適クッション」です。これに座ると意識しなくても背筋がスッと伸びるんです、そしてこの姿勢はとても気持ちがよく、長時間座っていても楽な姿勢でもあります。

簡単に腰痛対策ができる最新クッションが「姿勢快適クッション」です。

5位

うなじ・ウエスト専用岩盤浴

腰痛持ちの人にとって腰を冷やすことは大敵。そして、じんわりと腰を温めることは欠かすことの出来ない腰痛対策のひとつ。この腰痛対策を簡単にできるのが「海化石 うなじ岩盤浴」、家に居ながら簡単に岩盤浴ができる最新グッズです。

使い方は電源コードをプラグインして、腰に巻くだけ。こんな簡単操作で効果的な腰痛対策を行うことができるんです。海化石・ゲルマニウム・黄土の温熱効果により体の芯から温めることができて、腰痛持ちにとっては最高に気持ちがよい治療ができますよ。

5位

骨盤美腹ガードル

骨盤美腹ガードルは腰痛対策というよりも、ダイエット製品として有名。でも腰痛対策としてもとても有効。腰痛対策をしながらダイエットもできるので女性の人気が高い商品です。

骨盤ベルトで骨盤を引き締めるのですが、腰骨の出っ張りより少し下の位置なので、きつく感じにくく着用感が気持ちいいのが特徴。腰まわりがスッキリすると姿勢がよくなるので、腰痛対策にも有効なんですね。

腰痛が軽い状態の女性であれば、楽しく簡単に腰痛対策ができる「骨盤美腹ガードル」をおすすめします。

腰痛あれこれ

腰痛の原因が運動などによる活動の場合の治療法は安静、コルセットなどの対処療法以外基本的にありません。ヘルニアなどの場合には早いタイミングでの専門医による治療が望ましいとされています。

あまりに激しい腰痛の場合には尿路結石による痛みの場合があるので注意が必要

仕事で思い物を扱うような職場で発症した腰痛は労働災害として認定される場合があります。労災の申請には病院での労災指定病院での診断が必要なので、職場で腰痛になった場合は直ぐに労災指定病院へ行くことが重要です。